堺まち部会

こんな中活ッテ、他にある?
本当はおおいに自慢したいのだ ヽ(´▽`)/
—————————————————–
中心市街地を活性化させるためには、
行政に任せておくだけではなく、
事業者が必要とする取り組みを、
民間主導で事業化していくことが必要だ。
こんなことを事業者が言い出して始まった。

1年目は、中活協議会内にまちづくり部会を設けて頂き、
2年目は、中活計画に5つもの事業を追加記載して頂き、
3年目は、3つのチームが自ら事業化に取り組んでいる。

行政が民間を巻き込むのではなく、
民間が行政を巻き込んでいると言える。
行政も呼応されているから、前に進んでいる。

その名も、チーム190(イチキューマル)だ。
事業者と行政の有志によって構成されている。
中心市街地190haの関係者が連携して取り組んでいる。

こんな進め方の中活って、見たことがない。
どうすれば、こんなことができるのか。
しかも、結構、楽しそうにやっている。
自覚されていないが、本当は、本当に凄いのだ(^_-)

モノの始まり、みな、堺。
どこまで行くのか、行けるのか。

要注目!
他の地域でも参考にして頂きたいし、
本当は、自慢したくて仕方ない。 
たとえ、地元贔屓だと言われても、
仕事上の守秘義務があるにしてもだ ヽ(´▽`)/

PS
これらは、全て公表された資料に基づくものです